屋外(ベランダ・屋上)での住宅防水工事|埼玉県八潮市・草加市・三郷市

防水工事

ウレタン塗膜防水通気緩衝工法

ウレタン塗膜防水通気緩衝工法

施工前
塗装前 塗装前 塗装前
原因は、既存防水の目地処理跡や亀裂による防水層の破損、排水板金ドレン周辺からの水の侵入と思われます。
亀裂廻りの既存防水は湿気による剥がれや接着が弱く容易に剥離してしまうので撤去します。

どの種類ドレンも質感の違いから防水層との接地面が 弱くなり水の侵入を許す恐れがあります。また、本工事では旧式の板金ドレンノため板金接合部が弱点でした。


屋上床 施工工程
塗装工程

1.原因
既存防水の目地処理跡や亀裂による防水層の破損、排水板金ドレン周辺からの水の侵入と思われます。

2.Vカット処理・補強布設置
目地と亀裂をVカット処理し補強布を設置。

3.ウレタンコーキングを塗布。
コーキングの下は、多少の空気の通路を確保して下地の湿気を効率良く排出し目地の交差点には脱気装置を設けました。

4.マットの設置
補強布無しの流し込みや、クロスメッシュ使用の防水と違い マット全体を通気層として温度上昇により気化した水分を効率よく排出し、またマット全体に空いている穴により防水材のクサビ密着効果で完成後の剥離などの トラブルを軽減します。


塗装工程

5.樹脂モルタルの塗布。
科学調合モルタルを特殊樹脂で溶いた樹脂モルタルをとふしました。効果は 既存下地との絶縁・下地強化・亀裂穴の補修・不陸調整・仮の防水などがあげられます。

6.中塗り二度目の塗布。

7.完成。


屋上排水溝 施工工程
塗装工程

1.原因と弱点
どの種類ドレンも質感の違いから防水層との接地面が弱くなり水の侵入を許す恐れがあります。また、本工事では旧式の板金ドレンノため板金接合部が弱点でした。

2.対処方法
別の階の同じ工法のドレンを次の写真の様に鉛製の一体型かぶせ式回収ドレンでリフォームしました。鉛製なので腐食に強く多少の不陸は叩き出しにより馴染み,また 筒の部分が内部奥まで延長され筒の中間接合部からの水も侵入を防ぎます。


屋上階段 施工工程
塗装工程

   下地撤去            鉄筋補強      枠設置・生コン補修      防水塗布

鉄骨階段FRP施工事例

 

FRP防水と塗装のコラボレーション工事 鉄骨階段施工例
塗装時期を逃してしまった鉄骨階段を踊り場中心に改良してみました

 この階段の踊り場は、よく見かける鉄製の縞鋼板でした。                               一般的に階段の改修工事は塗装がメインですが、少し時期を逃してしまい踊り場付近に多くの支障をきたしていました。

原因としては、縞鋼板の外周を支える梁の鋼材との接合部が長年の風雨により錆びてしまい膨張した事により床板が変形し外周から隆起したと思われます。
外周が高くなった事によりお皿の様に水を蓄えてしまい、平場にも多くの錆を発生させ溶接部などの比較的弱い部分には穴が開いていました。
普段目にする部分とは違い階段側面はあまり目にする事が少なく、気が付くと大事に至っている場合があります。
また、普段水の影響を受けない天井部に著しい錆があり、すでに新たな水道が出来ていて塗装によるメンテナンスだけではあまり効果が期待できません。
したがって、今工事に置いては抜本的に改良を試みました。

 

 

 


 施工前

1、場床がセンターに行くほど錆びています。      床板を支える梁との接合部隙間に雨水が侵入、錆により膨張し床板の外周を隆起させ広範囲に水たまりを作ってしまう現象。
速やかに水の排出が出来るように改良しなければなりません。

 

  2、写真左上部の鋼板と鋼板の継ぎ目付近に沿った穴を発見。当然裏側にわは多くの水が侵入していました。

3、以前の工事で鋼板の上にモルタルが打たれていましたが、やはり継ぎ目はさびれいます。放って置くと錆びの力でモルタルも剥がしかねません。

 

4、最上階から見下ろした写真。

 


下地調整

錆び落とし
  
 5、ケレン工具・機械を使っつて既存塗膜の剥離。 6、ケレン途中。 7、ケレン後。

錆び止め塗布

8、エポキシ系錆び止めの塗布。9、塗残しが分かるように白色錆び止めを使いました。10、段板・手すりも同様。

樹脂モルタルの塗布 

11、科学調合モルタルに樹脂を添加した樹脂モルタルを塗布。12、効果は既存下地絶縁・下地強化・膜厚確保と不陸調整。13、コテムラを取り除きほぼ平らな下地が完成。

FRP防水の施工

14、プライマー塗布後、吸い込み防止でFRP樹脂を塗布。15、ガラスマット敷き込み。16、別のフロアーも同様。

中塗りから仕上げにかけて

 17、施工前2で説明の穴の開いたフロア。

グレーの床はS−3と言う中塗り材に着色材(トナー)を添加した仕上げ手前の工程です。

 18、各フロアの段鼻に注目してください。接合部を防水材で覆い、床面に溜っていた水を速やかに排出する構造に改良。19、施工前3で説明した下地モルタルのフロア。
 全体の塗装と床の仕上げ
  

20、各部位の完成。

FRP以外の塗装は1液ターペン型ウレタン塗料を施工しました。

FRPとはプラスチック樹脂をガラス繊維に浸透させた強化プラスチック防水の事です。日常生活でも多く目にする製品で、最近の木造住宅バルコニーにも多く使用されています。行楽地などのボートや簡易トイレなども使われ、水回りや過酷な条件に強く丈夫な素材と言えます。

FRP防水は非鉄金属・木部・コンクリートなど多くの下地に対応でき、特徴として軽くて丈夫と言う事があげられますが、プラスチック樹脂を用途によって変える事により対薬品・プール・池・屋上緑化など様々に施工可能です。

 

 

〒340-0813
埼玉県八潮市木曽根943-6
TEL:048-996-2918
FAX:048-996-2918
MAIL:info@omine-tosou.com